Caory*のヒトリゴト。


思いつくまま気の向くまま。普通のOLの普通の日記♪
by hanabi_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
*PROFILE*
1975年生まれ ♀
てんびん座のA型
父・母・hanabi(コーギー♂)と同居中。

☆好きなこと☆→買い物、hanabiと遊ぶこと
☆最近チカラを入れていること☆→ゴルフ、貯金
☆年中チカラを入れていること☆→ダイエット!!
目指せ!華奢なオンナ!

※記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。ご了承ください。

*BOOK MARK*
jagged little pill
edageのまつげ*
strawberry's note*
Not A Little Girl Anymore-愛すべきもの達-
whimsical diary~happy life~
セレブリティに向かって!
トキメキ日記
I'll go shopping!
PLUM JOUNAL
Rico Style~お気に入りに囲まれて~
うめこ日記
luxe
キレイ日和
のりこんと一緒☆an item of happiness☆
Petit bonheur d'olive
cakemint garden

カテゴリ
お気に入りブログ

カテゴリ:本( 6 )

手紙/東野圭吾





手紙
東野 圭吾 / / 文藝春秋

以前、映画で観た『手紙』(過去記事→
映画の内容には感動したものの、ところどころ腑に落ちない点があり
気になって本も読んでみました。
本やマンガが原作の映画はたくさんありますが
映画を観てから原作を読むというのは初めてでした。
本を読んでいると役者さんの顔が浮かぶものですね。
登場人物を覚えるのが苦手な私にはかなり便利でした(笑)。

さて、本ですが。
結論から言いまして、とってもよく分かりました。
映画で何となく納得が出来なかった点がすっきりしました。
例えば、直貴がお笑い芸人の夢を諦めようと、相方にコンビ解散を話したシーン。
それから、恋人と一緒に部屋にいるところを婚約者に乗り込まれ
直貴が犯罪者の弟だということがばれてしまうシーン。
あとは由美子の想いが直貴に届いて一緒に生きていこうと決意するシーン。
映画では何だかどれもあっけないというか、
そんなに単純に納得するか?・・・と思っていたんですよね。
本では設定が微妙に違っているんですよね。
例えばお笑い芸人の夢、ではなくミュージシャンだったり。
デビューを控えたバンド仲間とのやりとりが丁寧に描かれていて
直樹が夢を諦めた経緯も心情も、丁寧に描かれている気がしました。
やっぱりあれだけ長い話を2時間の映画に作り替えるのは
なかなか難しいところなんですね。
でもまあ、ミュージシャンで良かったんじゃないかと思うけど。
こんなところでもお笑いブームなのかな!?

ラストはやっぱり泣けました。
罪を犯してしまったことが何よりもいけないことです。
そのために苦しんで、悲しんで、傷ついている人がたくさんいます。
どんなに時が経とうとも、その人たちに終わりはないのです。
被害者の家族、そして加害者の家族、、、
直樹が被害者の家族に挨拶に行くところからラストまでは
もう涙が止まらず一気に読んじゃいました。
そして頭の中は小田和正の曲が・・・。アハハ。

この映画や本を見てから、
日々起こる事件のニュースを見る目が何だか変わりました。
少しでも悲しい事件が減ってくれることを祈るばかりです。
[PR]
by hanabi_k | 2007-01-18 18:04 |

夜のピクニック/恩田 陸





夜のピクニック

恩田 陸 / 新潮社

夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。
生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、
想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。
そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。
三年間わだかまった想いを清算するために―。


ここのところ、“当たり”の本に出会うことが多い私。
この本も、ぐんぐん読み進められる、とても面白い本でした。

夜通し歩き続ける「歩行祭」というイベントのスタートからゴールまでを
主人公と、彼女達を取り巻く友人達を織り交ぜて丁寧に描いています。
読んでいると自分の高校時代を思い出します。

私がもしこの歩行祭に参加していたらあの子と歩くだろうな。
きっと好きだったあの人の近くをチョロチョロしているんだろうな(笑)。

高校時代のことを今振り返ってみると、
やっぱりどれもこれもとても眩しい思い出ばかりの気がします。
あの頃はあの頃なりにとても悩んで辛かったことだって
今となっては懐かしくて恥ずかしい(笑)思い出です。
相変わらず静岡にいるのは私を含め数人ですが
それでも久しぶりに再会すれば、一気に距離が縮まるんですよね。
そして何度も何度も高校時代の同じバカ話を繰り返し笑う・・・。

毎年大晦日には、高校時代の友達数人で集まり
フットサル大会が行われるんです。
高校時代のサッカー部、野球部の男子(・・・男子って、笑)と
数人の女子(これまた女子って、、、笑)。
そしてその後は夜通しで打ち上げの大宴会。
毎年こうやって集まれる仲間がいるのは
とても幸せなことなんだなぁ~、、、としみじみ思っちゃいます。
今年もまたみんな変わらずに会えるといいなぁ~。
年末のお楽しみです。

おっと、また話が脱線した。
本や映画のレビューって上手く書けないなー・・・。
皆さん上手に書いてますよね。
私のは書いているうちにどんどん内容から離れていく気がしてならない。
ま、いっかー(笑)。
[PR]
by hanabi_k | 2006-11-07 08:27 |

ガール/奥田英朗

禁酒生活が続いているので、毎日まっすぐ帰る日々が続いています。
(えっと、、、旅行中は飲んじゃってまーす。テヘ。)
そうなると、なんだか夜がとても長く感じます。
秋ですしね。
本もぐんぐん読み進んじゃいますよー。
楽しいけれど、もったいない(笑)。

ガール
奥田 英朗 / 講談社

30代。OL。文句ある?
さ、いっちょ真面目に働きますか。
キュートで強い、肚(はら)の据わったキャリアガールたちの働きっぷりをご覧あれ。


・・・といったお話です。

この本には5人の働く30代女性が出てくるのですが
どれもなんだか共感してしまいます。

時代は変わってきているとは言いながらも、
やっぱり女性が働きにくい環境なのは相変わらずですよね。
私自身も、女性営業だからということで
ちょっとナメられてるなー、、、と思うことも確かにあります。
(それ以前に仕事ができないってのは置いといて・・・!!)
結婚したら、子供ができたら、、、
女性にとってはますます働きにくくなる条件がつくばかり。
それに加えて、肌は衰えてくる一方だし、代謝は悪くなって痩せにくいし、、、
若い女の子が羨ましくも思えたりもするんですよね。
そういえば最近、オジサマ達にご馳走になることなくなったなぁ・・・ε-(´・`)

主人公と共にイライラし、ため息をつき、、、
でも最後はスカッとした気分にさせてくれる、そんな爽快な本でした。
よくもまあ、働く女性の心理がこんなに分かるもんだと感心しちゃいます。
しかも男性の作家さんなんですものね、ビックリ。

みんな頑張ってるんだなー。
頑張ってるから腹も立つし、悩んだり、泣いたりするんです。
みんな同じなんだなー。
よし、私も頑張るか。頑張らなくちゃ。

きっとみんな焦ってるし、人生の半分はブルーだよ。
既婚でも、独身でも、子供がいてもいなくても。


まさに、そういうことさっ!

働かざるもの食うべからず!・・・いや違うな(笑)。

さてと、明日も頑張るぞ。
[PR]
by hanabi_k | 2006-10-03 18:53 |

「さくら」/西 加奈子

久しぶりに本のネタを。。。
「読書の秋」ですからね。

さくら
西 加奈子 / 小学館




物静かな父、美人の母、人気者の兄、
美人だけど風変わりな妹、そして愛犬さくら。
次男の大学生・僕の目線で描かれた家族5人と1匹の愛の物語です。

妹が生まれたときのこと、さくらが家にやってきたときのこと、、、
あらゆるシーンが割とさらさらっと描かれているので
サクサクッと読んでいくことができます。

優しくて格好良いスーパーヒーローのお兄ちゃん、
そして何よりもちょっとイッちゃってる妹・ミキのキャラクターが笑えます。

私にも年子の兄が1人いるので、自分の子供の頃を思い出したりして。
私の兄はちっとも人気者ではないですが・・・笑。
でも私もミキほどではないですが、結構お兄ちゃんッコでした。
小さい頃は両親共働きだったので、いつも祖母の部屋で兄と遊んでいました。
兄が小学校に行くようになり、友達と遊びに行っちゃったりすると
とっても寂しかったのを覚えています。
その頃、忙しい母とは交換日記で毎日の報告をしていたのですが
その日記の中に、寂しい思いを綴っていたんだっけ。
あの交換日記、何処にいったんだろうな・・・。
母が持っていたりするんだろうか、、、恥ずかしいなぁ。

時々クスクスッと笑いながら、家族の温かさにジーンとしながら、、、
でも最後はちょっとビックリの結末だったりします。
何もそんな風にしなくても、、、と思ったりもしますが
まあ、ナンダカンダいって、最後は泣いてしまいました。

時々ボソッとさくらの心の声が出てくるのですが
ハナビもこんな風に思ってるのかな~、、、なんて思うと
なんだかハナビがいつも以上に愛おしくなったりして。
(ただ、ハナビはさくらみたいに良い子ではないけど)

秋の夜長には読書がぴったりですね。
ただ、このamazonでこの本を検索すると、あらすじ、ほぼネタバレ状態です・・・。
読む前に検索しない方が良いと思われます~ (;´▽`A``
[PR]
by hanabi_k | 2006-09-27 10:05 |

クローズド・ノート/雫井 脩介

クローズド・ノート
雫井 脩介 / 角川書店





ようやく読み終わりました。遅い・・・(;´▽`A``

最近は本当に涙もろくて困ります。
この本も、評判どおりやっぱり泣いてしまいました。

この本の主人公は文房具屋でアルバイトをする女子大生・香恵。
素直でちょっと変な子、なのがとても可愛らしいのです。
キャンパスライフ(古い言い方・・・!)、バイトにクラブに恋に友情に、、、
何だかとってもほのぼのしていて、ゆったりと読み進められます。


香恵は万年筆にはかなりのこだわりがあります。
この本の中にはたくさんの万年筆が出てくるのですが
なかなか細かく描写されています。
でも私の生活には無縁のものなので、何がなにやらさっぱり分からない。
どんなモノなんだろう~・・・と思っていたら
mangopuddingさんのブログでこんな記事(→)を発見。
ブログって本当に素敵だわぁ~ ヽ( ´¬`)ノ♪
おかげで一段とこの本を楽しむことができました。
mangopuddingさんに感謝、です~☆

雫井 脩介さんって、ミステリー作家さんなんですね。
書評を読んでいるとミステリーの本を読まれている方には
今回のこの本はイマイチ、ピンとこなかったようではあります。

・・・と思ったら、私、この人の小説読んでたわッ!!
火の粉
雫井 脩介 / 幻冬舎





↑コレ。

私は時間つぶしに本屋さんをウロウロすることが多いのですが
大抵、裏のあらすじや帯を見て本を買うことが多いのです。
作家さんが誰とか、ひどいときは本のタイトルすら覚えてないんです・・・アハハ。
なので、何度も同じ本を手にとっては、あらすじを見て
「あれ!?これ読んでるわ」と思うこともしばしば。

まあ、面白ければ良いのです。

とりあえず、無事に(?)『クローズド・ノート』を読み終えたので
新しい本を買わなければっ!!
次は『ダ・ヴィンチ・コード』と決めているんです(←スイマセン、今更ですか?)
映画公開までには読み終わらないと!!
今度はペースアップして読まないと、公開に間に合わないぞ。
急げッ!!



☆私的メモ:ダイエット途中経過☆
前日比 +0.5 ・・・(_□_;)!! 
スタート時から比べて、、、やっぱり+0.5 ・・・(_□_;)!!

そして本日もお食事会~。
明日は何もないけど、打ち合わせが夜遅いから
そのまま食事に行く可能性がゼロではない・・・。
そして土曜日も~・・・。

痩せる気があるのか分からない~・・・"(/へ\*)"))ウゥ
でもアタマの片隅に『ダイエット』があるとないとでは大違い。
諦めてはいけない!!
[PR]
by hanabi_k | 2006-04-06 13:07 |

サクサクっと

今日から会社のPCが新しくなりました~♪
今までのポンコツPCに比べたら、なんてサクサクと仕事ができるんだろう~!!
ほら、こうやってサクサクっとブログも書けちゃうッ ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ ♪

・・・何のために新しくなったんだか ・・・llllll(-_-;)llllll



さてさて、本を買いました。

昨日まで『神はサイコロを振らない』↓を読んでいたのですが、
どうしても読みきれなかったのです~。

神はサイコロを振らない
大石 英司 / 中央公論新社
スコア選択:



ドラマになったからさ、オモシロイと思っちゃったんだもん。
ところがところが、・・・(_△_;・・・ だったのですよ~。
登場人物が多くて覚えられず・・・。
はじめに人物紹介のページがあったんですけどね。
いちいち見るのが面倒になっちゃって。
確認もせずに読み進めていったら、誰が誰やら・・・?何が何やら・・・?
さっぱりわからなくなってしまって、ちっとも感情移入できませんでした・・・。
こんなに進まなかった本は初めてです、、、ハイ。

というわけで、不完全燃焼のまま次の本へ。
今回は珍しくハードカバーで買っちゃったんですよ。

クローズド・ノート
雫井 脩介 / 角川書店
スコア選択:




ケイタイで連載されていた小説だそうです。
泣ける!と帯に書いてあったので買っちゃいました。
よし、泣くぞ。

ただハードカバーの本は持ち歩くのに苦労するんですよね・・・。
今度の本は"当たり”でありますように。

面白かったら感想をUPしたいと思いま~す♪
[PR]
by hanabi_k | 2006-02-23 16:24 |


ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧